2010年02月15日

女性の3人に1人はインターネットでエッチなサイトを見る

シドニー大学の調査によって、女性の3人に1人はインターネットでエッチなサイトをみていることが判明した。
男性の諸君、3人に1人は女性もエッチだぞ!

 この研究はポルノがどのように人々の仕事や収入に関係を及ぼすかを調べたもので、シドニー大学で性の健康教育プログラムを専攻しているゴマティ・シファーゼン教授によって発表された。

 「人間は1日につき16〜18時間しか使える時間はなく、その時間を使ってポルノを見てしまうことは、仕事、勉強、そして収入に大きな影響を与えています。オンラインポルノ中毒を治療するカウンセリング患者の数は年々増えているんです。

 患者の職業に偏りはなく、学生、教師、弁護士、医者、そして聖職者でもカウンセリングを受けています。
問題は、多くの人々がこの“病気”を人に話すのが難しいことです。アクセスのしやすさもまたこの“病気”を進行させています」と、シファーゼン教授は語っている。

 シファーゼン教授は最近ではタイガー・ウッズのセックス中毒問題にも注目しており、より幅広い一般の人々とこの問題について議論を交わしたいと話している。
なお、男性の場合は10人中7人がエッチなサイトを見ているとのこと。男って奴は……。

http://digimaga.net/2010/02/one-in-three-women-watch-porn.html


【関連する記事】
posted by 夢想転生 at 13:36| 世界あふぉなニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。