2010年02月18日

掃除機を改造して壁を登る発明家 英

50622543_26.jpg

■まさにクレイジー・クライマー?
 ちゃんと登れてますね!イギリスからのニュース。発明家の男性がテスコで買った2台の掃除機を改造して壁に張り付き、30フィートの高さをよじ登ったそうです。
 ちなみにこの男性はジェム・スタンズフィールドさん39歳。彼が張り付いているのはイーストサセックスのホブ・パーク・スクールです。BBCの科学番組「Bang Goes the Theory」のキャスターを務める科学者の彼は、家庭用掃除機を改造し背中に背負い、お盆のような吸引パッドを取り付け壁に吸い付くようにしたのですね。

■子どもたちをインスパイアしたいんだ
 今回のデモンストレーションはポーツレイドの近くで開催されたこの壁登りガジェットを製作するワークショップでの一場面です。彼は今回のイベントに関してこうコメントしました。
 「この道具は、ジャンク部品の中から何かスーパーマンになれるようなものを作ろうという挑戦の中でひらめいたアイデアでした。吸引力のある掃除機は自分の体重を支えることが出来るとわかったんです。」

 スタンズフィールドさんは昨年この壁登りマシンを考案し、BBCビルの壁を120フィート(約36メートル)登って話題になりました。このときのBBCの記事がこちら(http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/8166923.stm)で、映像もあります。

こうした活動を通じて彼は未来の科学者がインスパイアされることを願っているそうです。
 「私の活動で子供たちに、自分の周りの世界を理解すれば、それを操ることもできるって教えてあげたいんだ。毎日使ってるような退屈なものでもエキサイティングになったりするんだってね。」

 さてこのスタンズフィールドさん、映画「アベンジャーズ」や「ヴァン・ヘルシング」の特殊効果を担当していたという異色の経歴を持ち、今までにも圧搾空気で走るバイクを発明したり、水上を歩くブーツでニューサイエンティスト賞に輝いたりもしているのです。
 ちなみに次の彼のチャレンジは、「コーヒー豆を動力にした車でロンドンからマンチェスターまで走る」です。何をどうやったらそういう発想になるんでしょう。素敵すぎます!

ソース http://garakuta.oops.jp/wordpress/?p=1763
   
【関連する記事】
posted by 夢想転生 at 19:13| 世界あふぉなニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。